よくあるご相談事例

よくあるご相談事例

  • HOME
  • よくあるご相談事例

NEW40代 自営業(相談対象:息子)

今年24歳になる息子がいます。
大学卒業後、中堅メーカーに就職し営業課に配属されたのですが同僚との競争や上司との人間関係を上手くこなせず会社を休む事が徐々に増えていき、休職扱いとなり、最終的にクビになってしまいました。
それからは自宅(実家)を外出する事もなく一人で部屋に閉じこもり、私達と会話をする事も一緒に食事をする事もなくなってしまい、今に至ります。
かれこれ二年近く、まともに接していないので息子の将来が非常に心配です。


<回答>
お母さまからのご相談をきっかけにご依頼となり、息子さまの社会復帰をお手伝いさせていただく事となりました。
数日後に息子さまをご説得するためご実家へお伺いしてお話をしましたが、スタッフの話にはしばらく耳を傾けてはいただけませんでした。
しかしサポート内容等についてご説明すると少しずつ興味を持っていただけ、結果的に当センターでのサポートを受け入れていただけました。
支度を済ませ、寮へと移動する車中では緊張している様子でしたが、本人の趣味の会話などで盛り上がると徐々に緊張がほぐれたようで、落ち着くと過去に働いていた会社での出来事など、ご両親には打ち明けられなかった話をしてくれ、それについてアドバイスや励ましの声を掛けると表情は明るくなり笑顔も見られるようになりました。
寮での生活が始まってからは日々規則正しい生活をしながらプログラムも問題なくこなし、早々に就労の段階へと進めることができ、現在は卒業しておりますが一人暮らしをしながら接客業の仕事を日々頑張っております。
寮を出る際には、
「センターさんのおかげで自信がつきました。今までありがとうございました」
と、嬉しいお言葉を頂きました。

NEW20代 会社員(相談対象:姉)

今現在27歳の私の姉の事になるのですが、4年間同棲していた婚約者との破局が原因で実家に戻って来てからは、勤めていた会社に行く事もなくなり完全にひきこもってしまいました。
再就職の意思もないようで、就職活動もしていません。
実家に戻って来た当初は私に相談してくれたりもしたのですが今では私や両親との接触はほぼ無くなってしまいました。
私たち家族には解決する力はなく、両親はこのままずっと面倒をみていくのだと諦めてしまいました。


<回答>
妹さまからのメールでのお問い合わせをきっかけに、お父さまと電話でお話をして詳細をお聞きし、後日当センターへご両親でお越しいただきました。
当センターのサポート内容についてご説明し、その後何度もご相談を重ねてご依頼となりました。
後日、お姉さまが住まれているご実家へスタッフがお伺いしてご説得し、当センターの庇護下での生活が始まりました。
彼女自身もこのままではいけないという意識を持っており、今回の件について、
「妹や両親に心配をかけてしまったことを反省し、不安はありますがこれをきっかけにさせていただいてもう一度頑張りたいと思います」
と、支援について素直に受け入れてくれました。
当センターでの生活が始まってからは日々スタッフとコミュニケーションをとる為、徐々に表情も明るくなり、ボランティアなどの活動にも積極的に参加しました。
入寮してから二週間後には就職についての話を進め、一ヶ月が経つ頃には面接にも採用し、
希望していた接客業の仕事に就くことが出来ました。
彼女は二ヶ月で当センターを卒業しました。
その後は実家へは戻らずしばらく一人で生活をしたいとの彼女の意思を尊重し、スタッフと相談しながら現在は職場の近くにアパートを借りて生活しています。
卒業後もスタッフと頻繁に連絡をとっており、仕事も順調に継続できているとの事です。
ご家族とも一ヶ月に一度は会って一緒に食事をしており、ご両親さまから関係は良好とのご報告をいただいております。

NEW40代 事務員(相談対象:弟)

今年45歳になる弟がいます。
3年前まで仕事をしていたのですが、人間関係が原因で辞めてしまい、それからは一度も働いていません。
部屋に引きこもってしまい、一緒に仕事を探そうとしても、嫌がって口もきかなくなってしまいました。
このままだと弟の将来が非常に心配です。
どうしたら弟にもう一度仕事に就いてもらえますか?


<回答>
彼は当センターでのサポートを受け、スタッフと一緒にゴミ拾いや苗植えボランティア活動に参加しました。
何度か参加していくうちに少しずつ会話も増えて、アルバイトも自ら進んで探し、週に4.5回のペースで働くようになり今では正社員で警備員をしています。
「仕事に復帰出来て本当に良かった」と話しています。

NEW祖父(相談対象:孫)

今年で26歳になる孫がいます。
二年前に職場内のいじめが原因で仕事を辞めてから、何もせずにずっと家に引きこもっています。
就職の話をすると人が変わったように暴れてしまうので、最近は仕事の話は出さないようにしていますが、このままではもっと孫がダメになってしまうと思い相談させていただきました。
もう一度就職をして自立してほしいと思っているので、よろしくお願いします。


<回答>
彼は実際に当センターでサポートさせていただきました。
「職場内でのいじめがあってから人と関わる事が嫌になった。」と家でも話していたと聞いたので、まずは少しでも人と関わることに慣れるように担当スタッフ3名で対応して様子を見ることにしました。
最初はやはり口数も少なかったのですが、毎日違うスタッフと話すことによって段々と会話のキャッチボールが出来るようになっていきました。
彼は以前に料理を習っていたこともあり自炊を毎日していて、調理の手際がとても良く、逆にスタッフが彼に料理の手順を教えてもらいながら一緒に調理して食事を摂ることもありました。
短時間でも毎日必ず話す時間をとってコミュニケーションを重ねていき、今も他人と話す際にはまだ少し緊張してしまうとのことですが、彼はその腕を活かし、現在はレストランのキッチンで正社員として働いています。

人には見えない家族の引きこもり

限界を超える前に手を差し伸べてください。

  • 夜はしっかり寝れていますか?
  • 家族に対しての愛情は残っていますか?
  • 今ならまだ間に合います。
    私たちが家族の将来の立て直しをお約束します。

多くの人を自立させた実績を証明いたします。

Pagetop